スポンサーサイト

2018.01.03 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    またひとつ

    2007.11.09 Friday

    0
      成長出来た気がする


      介護度4

      寝たきりの人の入浴介助


      施設だとリフトでの入浴確実なのだけど

      うちは居宅=普通のお風呂


      全身に力が入らず

      座位すら保てぬ人を

      ふたりがかりで入浴させる。


      終わったあとは

      心身共にぐったりだったけど


      それでも【出来た】という自信。

      そして

      ベッドに戻り寝かせた途端

      手をぎゅっと握ってくれた感動。


      きっと、気持ち良かったんだろうな

      たぶん、ありがとう、の意味なんだろうな


      これが日々感じられる感動

      介護の世界は素晴らしいです、うん

      2007.11.07 Wednesday

      0
        人の為=偽(善)



        介護の仕事は

        自分の為になるのだと

        介護学校の先生から言われたとき

        ほんとにそうだよなぁ〜と

        心の底から思った。



        利用者さんの為にしていると

        思われることでも

        それらを一生懸命することで

        利用者さんに温かい言葉をいただいたり

        利用者さんの笑顔を見られたりして

        結局は自分自身が癒される。


        一生懸命頑張った分だけ

        その頑張りが自分に返ってくる。

        その頑張りを見てくれる人がいる。




        結局は自分自身のために

        頑張っているんだ。


        人それぞれ

        様々な人生を歩んできて

        それを知れば知るほど

        決して他人事ではない…という思いが強くなる。




        誰しも平等に歳はとるしねw




        だからこそ

        これから先、親に何かあった時はもちろん

        自分自身が歳を重ねた未来に向けて

        今が学びの時だと思ってる。

        ひとりで

        2007.11.04 Sunday

        0
          全介護をこなせた自信

          今日の日を

          今日の自分を

          忘れないように…

          理想と現実

          2007.10.31 Wednesday

          0
            その狭間で

            戸惑いはじめてる。



            やりたいことは

            分かってる


            やらなければいけないことが
            たくさんあることも

            分かってる



            精一杯、やろう、と思う。



            すべては

            お互いの笑顔のために。



            でも

            やりすぎると

            歯止めがかかる


            やらないと

            不満を訴えられる



            その狭間で、心が痛む。



            やりたいのに、出来ない



            やらなければ、相手が苦しむ

            やれば、自分が攻撃を受けて苦しむ



            いったいわたしはどうしたらいいんだろう。




            -----

            経験

            2007.10.21 Sunday

            0
              いつもは人や車でごった返す
              通勤途中の道が日曜日は↓





              こんなにもガラガラw


              介助の最中
              利用者さん達と
              様々な会話をする中で

              歳を重ねている不安や
              身寄りのない不安
              身体が思うように動かない不安
              などなど…

              利用者さん達の抱え込んでいる【不安】に
              真っ向から対峙しなくてはいけません

              でもそれらの【不安】は
              決して他人事ではなく

              我が身にもいつの日にか
              必ずや訪れる不安でもありtt

              だからこそ
              表面的な飾り言葉ではなく
              一旦はしっかりとその【不安】を受け止めた上で
              少しでもその【不安】が軽減されてくれるよう
              何かしら力になれれば、と心底思うのです。

              今、こうして共に過ごしている瞬間は
              ほんの少しでもいいから
              【楽しい】と思ってくれるよう
              言葉を選びつつ、笑顔を振りまきつつ
              時には利用者さんに触れるなどして
              温もりを感じてくれたら、と心底思うのです。


              「ありがとう」と言われるたびに
              こちらこそ、ありがとう、なのだと思います。

              「美味しくご飯が食べられるだけで幸せね」と言われると
              昔、ご飯が全く食べられなかった経験のある私は
              ほんとにそうだよなぁ、と心から共感出来ます。

              買い物介助の帰り道
              虫に刺されて腫れてしまった私の手に気づき
              「部屋に消毒綿があるから、消毒してあげるよ」と言われて
              思わず涙が零れてしまいそうになりました。


              大変なこともたくさんあるけれど
              介護をしていく上での不安も感じているけれど

              それでもその何倍も、何十倍も、何百倍もの
              感動・感謝・感激が得られる経験

              今までいろんな仕事を経験してきた中で
              こんなにも素晴らしい経験の出来る仕事って
              他にあったかなぁ…と。

              今、私はほんとに
              素晴らしい経験をさせてもらっていると思っています

              知れば知るほど

              2007.10.17 Wednesday

              0
                知りたいことが
                増える一方

                際限なく
                膨れ上がる

                興味?

                それとも単なる

                好奇心?

                求知心?

                それとも

                向上心?



                認知症

                失語症

                糖尿病

                etc

                まだまだ私にとっては
                未知の世界。

                いつの日にか…

                もっときちんと
                理解出来るように
                なれるのだろうか

                知れば知るほど

                確実に

                不安な気持ちも
                抱え込んでいる
                今日この頃です



                -----

                独り立ち

                2007.10.10 Wednesday

                0
                  昨日から単独にて
                  入居者さんの介護が
                  始まりました

                  入居者さんひとりひとりの
                  これまで生きてきた歴史
                  現在抱えている病歴、家族関係など
                  しっかり頭に叩き込み
                  入居者さんの状態や
                  会話の内容にも気遣いながら
                  身体や生活に関する介護を
                  進めていく日々。

                  帰宅すると途端に
                  心身ともに
                  ふらふらへろへろだったり
                  もするけれどw

                  まだ働き始めて数日だというのに
                  あっという間に仲良くなってしまったw
                  入居者さんや職員の人達の
                  明るい笑顔、温かい言葉に包まれて
                  充実した楽しい日々を過ごしているのと同時に
                  介護という仕事に対するやり甲斐をも
                  改めて痛感しています

                  ほんと…
                  この仕事を選んでよかったなぁ


                  ただ…
                  最近若干放置気味な↓3にゃんには





                  ごめんね、って感じです
                  -----